TOP ・三味線 ・写真館
本欅胴宮太鼓 合成欅胴宮太鼓
本欅胴宮太鼓 合成欅胴宮太鼓
太鼓の素材は、欅を主として栓・塩地・タモなど(これらの通称を「目有」といいます)が使われます。また皮は、そのほとんどが牛皮ですが、一部には馬皮が使われることもあります。

※通常新しい皮のときは高い音で、数年経ってからいわゆる太鼓らしい音になります。ただ低い音のドン張り、高い音のカン張りなど、音に変化をつけることも可能です。また、耳付(縁付)の指定もできます。
この素材は硬質ウレタンで作られています。見映え、手触りとも本物の欅のようですが違います。太鼓になる原木は数百年もの年月を生きた材料を使いますが、このような貴重な自然の財産を保護する為に開発されたものです。皮は通常の太鼓の皮と同じものが使われています。音質も木胴とあまり変わりません。



祭礼用長胴太鼓
祭礼用長胴太鼓
宮太鼓より胴が長く作られています。祭礼用に使われることが多く、馬皮を使用する場合もあります。木胴のみで合成胴の製作はしていません。



祭礼用附太鼓 附太鼓皮
ロープ締めとボルト締めがあります。並附から五丁掛になるにしたがい皮が厚くなります。胴の高さも高くなっていきます。 左から 五丁掛、四丁掛、三丁掛、二丁掛、並附(上)、並附です。


南部桶胴太鼓 大締太鼓
桶胴は杉・椹・桧などの板を使って作ります。大きさは1尺(30cm)くらいのものから、1丈(10尺・3m)を越えるものまでさまざまです。ねぷた・南部用・大締へと皮が厚くなり、一般に胴も長くなります。特にねぷたは、皮が薄いので写真のように専用のぶちをお薦めしています。







このほかに特注品、仕様外の太鼓の制作も可能です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

和太鼓TOP
和太鼓価格表